読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

慶應通信学習記録ー経済学部普通課程69期秋ー

慶應義塾大学経済学部通信課程に69期秋入学しました。(普通課程)

帰省してきて勉強で

金融論

こんにちは。

 

年末、なんだかんだとバタバタしたプロジェクトも、なんとか予定通りに仕事納めを迎えることができ、昨日大阪に帰ってきました。

とはいえ、システム周りの監視部隊なんかは年末年始も休み無く働いてもらうことになっており、そちらからの緊急連絡などあるかもしれませんので、100%気を休められるかというと、そんなこともなく。

システム構築・運用が絡むプロジェクトのマネージャーみたいなことをしてると、基本的に24時間365日体制で心の準備が無いといけないのは宿命ですね…
その結果、泥酔することが減ったのは良いことかもしれませんがw

 

さて、そんな中でも試験は待ってくれません。

とりあえず、原論の再レポはキリの良いところでいったんお休みして、金融論のノート作成に戻ります。

 

こないだの記事でも少し触れたのですが、金融論というのは基本的にマクロ経済学の1分野というか、特定領域というか、まぁそんな感じの領域です。

でもって、今取り組んでいる原論の再レポ&初回試験はミクロ経済学分野ということでちょっとばかし毛色が異なるもんですから、少しばかりは頭の切替えが必要。とはいえ、同じ経済学ですし、数式バンバンは一緒ですから、前に比べてちょっとだけ良く頭の中に入ってくるようにはなりました。

 

しかし、そこそこ分厚い本のまだ2割程度しかまとめられていないので、試験本番に間に合うかどうか…

 

幸い、金融論の属するF群は、他の群に比べて履修予定が薄めなので、再チャレンジの余裕があります。

 

けどやっぱり受けるからには一発合格したいわけで、なんとかこの年末年始、仕事に煩わされることなく勉強して、準備万端で試験に臨みたいと思います。

 


にほんブログ村