読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

慶應通信学習記録ー経済学部普通課程69期秋ー

慶應義塾大学経済学部通信課程に69期秋入学しました。(普通課程)

ニューズレター慶應通信12月号が届く。Amazonの荷物は届かない。

こんばんは。

 

早速、タイトルがおかしなことになってますね。

 

本日は11月末ということで、ニューズレター慶應通信が届く日です。

帰宅したらやっぱり届いてました。

 

今月は、通常号のほかに、偶数月ということで三色旗も届きました。

こいつが、ちょっとした時間つぶしに効果的!勉強に疲れた時とか、YouTube巡りに疲れた時など、軽い気分転換を知的好奇心を満たすことで行えるという、なんとも高貴な感じがたまりません。

今月のイスラム国に関する論文などは、タイムリーな話題で捗りそうです。

 

でもって、ニューズレターも忘れちゃいけません。今月は特に、「口座振替開始のお知らせ」という重要トピックが!

これで、来年以降、郵便局に行く手間が省けます。秋入学だから、学費振込も適用範囲ですし。年末に帰省した時に手続きしようっと。

 

さらにさらに、一番忘れてはいけない1月試験のお知らせもきっちり押さえます。今回は5科目受験予定ですが、持込可は1科目のみ。大丈夫かいな…

 

と、ここまでは予定通り届いたもののお話し。

今日、届くはずだったものが届かないという事件も起きました。

 

事の始まりは、今朝Amazonでネクタイ用のハンガーをぽちったこと。

Amazon Student会員ですから、当然のごとく「当日お急ぎ便」を選択します。

でもって、Amazonさんからも「今日配達するやで~」とメールが届きます。

ここまではいつも通り。

 

そうこうしているうちに帰宅すると、不在連絡票が。

安い商品だったためか、配送業者がネコさんでもゆうさんでもなく、某デリバリープロバイダ。そこには「宅配BOXに入れといたった」との表示が。

 

…ワシ、宅配BOX利用してへんがな(´・ω・`)

 

同じく投函された宅配BOXの伝票見ると、やっぱり前の住人の『女性』の名前が。

 

早速、コールセンターにTELです。すると、「お客様が利用している宅配BOXに入れたのであとは知らん(意訳)」とのお答え。

あー、そうですか。そう来ますか。じゃあ、レビューのつもりでいきますが、かまいませんね。

 

max「では、おたくのミスではないという見解ですね。」

業者「はい。確実に投函しました。」

max「宅配BOXの伝票に女性の名前が書いてあります。一方、おたくの不在連絡票には、私の男性名が書いてあります。これはどういうことでしょうか?」

業者「投函の際は、部屋番号しか情報がないので分かりません。」

max「宅配BOXを開ける際、確認画面に住人の氏名が表示されます(これは試してみて確認済み)が、情報が不足しているとはどういったことを指しますか?」

業者「…対応策を検討します。」

 

最初っからウソはつきなさんなよ、もう。

さらに続きがありまして…

 

業者「明日、対応させていただきます。今日は営業時間外ですので。」

max「分かりました(納得してないけど)。ちなみにどのように対応されますか?」

業者「多分、こちらから宅配BOX業者に電話して、開けてもらうことになると思いますが、詳しいことは分かりません。」

max「…はぁ、分かりました。確実に届けてください。」

 

もうね、どうしてくれようかと。

アンタんとこの誤配でしょーが。営業所は目と鼻の先でしょーが。

詳しい対応案が分かりません?キミ、コンサルやったらパンパンやで!(©オール巨人)

 

今回はハンガーなんで小さい話ですが、マイナンバーとかレポートで同様の事態が起きないことを祈るのみです…

 

 

お帰りの際はぜひこちらをポチっとといただければオッサンが喜びます。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村